家計・節約

*つみたてNISA*メリット・デメリット解説します

うさ

そろそろ資産運用を始めたい、けど、つみたてNISAってどうかな、、

つみたてNISAは初心者にはとってもいいと思うよ!

そろそろ資産運用を始めたい、けど、何からすればいいか分からない、

そんなあなた!

まずはつみたてNISAを始めてみませんか♩

今回はつみたてNISAの仕組みやメリットを解説します☺︎

積立NISAとは

どんな制度?

つみたてNISAとは2018年1月から始まった非課税制度です。1年間40万円を限度に20年間非課税で運用する事ができます♩

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。
つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

金融庁HP

と金融庁のHPでは紹介されています♩

実は日本は金融資産に占める預金の比率が、他国に比べて圧倒的に高いんです。

国としては貯蓄から投資へ資金をシフトして 経済を活性化させたい訳です。

そのため非課税にしたり、銘柄も国がお墨付きを与えたりと、投資のハードルを下げているってことですね☺

つみたてNISAの詳細

利用できる方日本にお住まいの20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)
ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能
非課税対象一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
口座開設可能数1人1口座
非課税投資枠新規投資額で毎年40万円が上限(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
非課税期間最長20年間
投資可能期間2018年~2037年
投資対象商品長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託
ex)公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの
・販売手数料はゼロ(ノーロード)
・信託報酬は一定水準以下(国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)
・顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
・信託契約期間が無期限または20年以上であること
・分配頻度が毎月でないこと
・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

ここでポイントになるのは以下3点です♩

  • 一人一口座
  • 毎年40万円の非課税枠
  • 20年間の非課税期間

つみたてNISAとは運用商品そのものではなくて、購入した運用商品を入れておく箱と考えてもらえばオーケーです☺

「つみたてNISA」という箱の中でつみたてをすれば、毎年40万円を20年間非課税で運用できるという制度という事がわかりますね♡

つみたてNISAのメリット

運用益が20年間非課税!

つみたてNISAで積み立てられた資産は毎年40万円×20年間=800万円

トータル800万円の運用に関して非課税になります。

これは単純にメリットしかないです♩

例えば通常の運用口座で800万円の運用資金を投じ、30%の利益が出たとします。

800万円×30%=240万円

240万円の売却益、儲けが出たことになります。

しかし実際は、 ここに20.315%も税金が引かれるんです、、

240万円×20.315%=487,560 約50万円も税金で持ってかれてしまうんです!!

リスクを取ってるのは自分なのに、 リスクを取らない国に5分の1も持ってかれるなんて!!

しかしつみたてNISAならこの売却益の部分が非課税になるんですね。

ドルコスト平均法による時間分散

積立で毎月決まった額を運用する事で有名な投資手法であるドルコスト平均法を利用できます♩

ドルコスト平均法とは、毎月固定で決まった額で購入することで、平均購入単価を抑えることができるという理論です。

価格が高いときは少なく買い、価格が安い時には多く買うことができるため、毎月一定量を購入するよりも単価を下げることができるのです。

つみたてNISAなら、毎月一定額を積み立てるので、自動的にドルコスト平均法のメリットを享受することができます♡

いつでも資金化できる

つみたてNISAはidecoや貯蓄型の保険と違い必要な時にいつでも解約できます♩

勿論長期の運用の方がパフォーマンスのリスクは低減できますが、いつお金が必要になるか人生分かりません。

つみたてNISAなら解約から4日もあれば資金かできるんでその分安心して運用ができます♡

その時の運用成果によっては元本割れしてしまうこともあるので注意は必要です。

つみたてNISAのデメリット

元本割れの可能性がある

つみたてNISAにはiDeCoとは違い、定期預金や保険などのような「元本保証型の商品」はありません。

運用中に値下がりで元本割れする可能性もあるということです。

そのリスクを限りなく低くするために、長期・分散投資をしていくわけですね。

損益通算や繰越控除ができない

つみたてNISAの損失は損益通算の対象外です。また、繰越控除も使えません。

たとえば通常の証券口座であれば

「○○口座では100万円の利益♩、○○口座では50万円の損失、、」

というときに、利益と損失を合算した金額をもとに税金を計算することを「損益通算」といいます。

この場合、100万円から50万円を引いた50万円が実際の利益です。損失分を差し引いて税金を計算するので、税金の負担が軽くなります。

繰越控除とは損益通算で損失をカバーしきれない時に、残った損失分を3年間にわたって繰り越し、翌年以降の利益から差し引くことができる仕組みです。

損益通算も繰越控除も税金の負担を軽くするための制度なのです。

これがつみたてNISAにはついていません。損失を出さなければよいのですが、、、

一度使った非課税枠は復活しない

例えば10万円分の投資信託を買っていたとすれば、非課税枠の残りは30万円です。

この10万円分の投資信託を売却したとしても、非課税枠の残りは30万円のままで、40万円に戻りません。

年が変われば、古い非課税枠は使えなくなり、新たに40万円の非課税枠が用意される仕組みです。

そのため、「比較的リスクの高い株式投信を積み立ててきたが、これまでの分を解約して、少しリスクを抑えた投信を購入したい」というようなスイッチングができません。

あるいは「他にもっとよい商品がでてきた」という場合も、預け替えができません。

その場合には これまで積み立ててきた○○投信を運用しつつ、新しい△△投信を新たに積み立てることになります。

つみたてNISAおすすめ金融機関

つみたてNISAには楽天証券がおすすめです♩

楽天カードでのクレジットカードで積立することができるので、積立額に1%の楽天スーパーポイントが貯まります♡

エポスカードで積立できるtsumiki証券もありますが、私が選びたかった銘柄がなかったので楽天一択でした☺

まとめ

デメリットがあったとしても、それを上回るメリットがあると思っています。

つみたてNISAは投資初心者こそ最初にやるべき資産運用です♩

証券口座やNISA口座の開設は面倒なことも多いですが、ぜひ最初の一歩を踏み出してみましょう!