家計・節約

海外留学者、海外赴任者必見!SMBC信託銀行PRESTIAのメリット・デメリット

留学、赴任が決まり始めての海外。長期の滞在となると不安になるのは「お金」ですよね。 そんな不安を解消して、海外滞在をより良いものにしてくれるのがSMBC信託銀行PRESTIAです。 あまり聞きなれない名前で知らない方も多いと思いますが、現地滞在時には是非持っておきたい口座です。 今回はSMBC信託銀行プレスティアのメリット・デメリットを解説したいと思います。

SMBC信託銀行PRESTIAとは?

SMBC信託銀行PRESTIAとは2015年11月にシティバンク銀行がSMBCグループに買収された事によりできた元外資系の銀行です。 元citiという事が分かれば海外に強いという事が何となく分かって頂けたると思います。ちなみに街中やCMでよく見かける三井住友信託銀行とは全くの別会社となっています。

SMBC信託銀行PRESTIAのメリット

SMBC信託銀行PRESTIAのメリットは大きく3つあります。海外送金が便利な点、USD口座による現地出金が便利な点、外貨積立手数料が無料な点です。

海外送金が便利!

海外滞在が1年以上であれば現地の口座を開設する機会があると思います。その現地口座への送金は国内からであれば海外送金扱いとなり、海外に本人がいる場合、メガバンクやネット銀行だと対応が難しいケースが多いです。しかしSMBC信託銀行PRESTIAならば海外にいながらにして、現地口座への送金指図ができてしまうんです!一度現地で開設した口座を登録さえしてしまえば、ネットや電話で送金処理ができてしまいます。登録の仕方はネットでできます。しかし登録にはワンタイムパスワードを生成するトークンが必要になるので海外渡航前に事前に申し込んでおきましょう。送金の手数料は通常¥4,000ですが、残高を100万円以上にしておけば¥2,000でできてしまいます。 所属企業や留学先によっては優遇プログラムも用意されており、手数料が無料になるところもあるようですので、問い合わせしてみましょう。

USD口座による現地出金が便利!

SMBC信託銀行PRESTIAには通常の口座と独立した米ドル普通預金口座というものがあります。これはアメリカ領土内で利用でき、口座内のUSD預金をそのまま現地のATMで引き出せるというサービスです。追加の手数料等なく作る事ができます。手数料は現地のオーナーチャージのみで出金する事ができます。しかし事前にUSD預金をしておく必要があり、その際の為替手数料が1ドルにつき1円かかってくる為注意が必要です。

外貨積立手数料が無料!

SMBC信託銀行PRESTIAでは外貨の積立サービスがあります。どこの金融機関にもあるサービスですが、なんと為替手数料が無料で積立する事ができるんです!為替手数料が安いネット銀行でも数銭取っている中で、無料は業界最安値となりここ以外は見た事ありません。

話題のグローバルパス(GLOBALPASS)!

また2019年10月からGLOBAL PASSという商品がローンチされました。これは海外でお買い物をする際にSMBC信託銀行のデビットカード(VISA)を使うことで外貨預金から引き落とすことができる新しいサービスです。ますます外貨の保有意義が高まりましたね。全18通貨に対応しており、海外旅行、留学の際に重宝できるでしょう。

口座のおすすめ利用法

上記で紹介した外貨積立サービスと海外送金や米ドル普通預金口座を組み合わせて使う事で、手数料を抑えて、現地での生活費に困る事は減らす事ができます。具体的には、SMBC信託銀行PRESTIAの口座に資金を用意する、もしくは給与振込口座に指定し、毎月の生活費を外貨積立サービスで外貨に振替、現地口座に現地通貨建で送金する事が出来るのです。外貨購入の手数料は無料なので、送金手数料が必!@要となりますが、条件によっては無料〜¥4,000で送金する事ができてしまうんですね!さらに渡航先がアメリカ国内であれば、送金せずとも米ドル普通預金口座にUSDを積み立てることで、無料で積立、無料で出金と無駄な手数料をかけることなく現金が調達できてしまうんです。また、2019年10月にローンチされたグローバルパスを利用することで外貨積立で無料で買った外貨をそのまま海外で利用することができるようになりました。便利ですね!SMBC信託銀行の口座を持っておいて損は無い事はお分かり頂けたと思います。

SMBC信託銀行PRESTIAのデメリット

SMBC信託銀行PRESTIAのデメリットは大きく2つあります。口座維持手数料と国際キャッシュカードの手数料です。

口座維持手数料

もともと外資系のcitiの名残りで、平均残高が50万円に満たないと口座維持手数料が発生してしまいます。毎月¥2,160も取られてしまうので注意が必要です。
しかし提携のクレジットカード「PRESTIA VISA GOLD」を作る事で、口座維持手数料を残高に関わらず無料とすることができます!ゴールドカードではありますが、年会費無料の条件も年間30万円の利用とハードルは低めです。初年度は無料ですので、是非合わせて作りましょう!

国際キャッシュカードの手数料

円普通預金口座についているキャッシュカードは国際キャッシュカードとなっており、現地のATMで現地通貨を出金する事ができます。非常に便利なサービスに見えますが円からその都度為替を起こす為、結構高い手数料が中で抜かれています。大体3〜5%の為替手数料が抜かれているので、緊急時以外使う事は避けた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?長期の滞在で現地に口座を作る場合や渡航先がアメリカの場合には作っておくべき口座である事が分かって頂けたと思います。お金の不安を解消し本質である仕事や勉強に力を注げるように、渡航前にしっかりと準備をしていきましょう。