家計・節約

エクスプレス予約とスマートEXはどっちがお得?各サービスの違いを比較してみた

転勤や出張、単身赴任で新幹線を利用する機会が多い季節ですね。
JR東海が提供するチケットレスサービスには

・「エクスプレス予約」
・「スマートEX」

の2つがあります。
類似のサービスなので公式サイトを見たけど、「違いがわからない!」という方は多いのではないでしょうか。

今回は大阪に転勤し月2で東京ー大阪間を移動していた筆者が、どちらを使えばいいか分かりやすく解説していきたいと思います。

エクスプレス予約について

会員登録

エクスプレス予約を利用するには対象のクレジットカードを申し込む必要があります。
対象カードは以下の2つです。

・JR東海エクスプレスカード
・J-WESTカード「エクスプレス」

年会費は1,080円となります。

チケット予約

スマホやPCからアプリで簡単に予約することができます。

アプリ内で席まで指定することができるため、窓側や通路側などこだわりがある方でも利用することができます。

キャンセルも乗車前であればアプリ内ですることができ、払い戻しまで可能です。
ラッシュ時に込み合う券売機に並ぶ必要がなくなるのでストレスがなくなります。

乗車方法

会員登録を済ませるとクレジットカードとは別に、EX-ICカードという乗車専用のICカードが送られてきます。

新幹線区間はそのカードをかざすだけで乗車が可能です。

新幹線下車後在来線に乗り換える場合は、通常の交通系ICカードとEX-ICカードを重ねてタッチすることで乗り換えが可能です。

グリーンプログラム

エクスプレス予約には利用に応じてポイントがたまるグリーンプログラムが用意されています。
利用区間に応じて自動的にポイントが貯まります。

駅名

新横浜

静岡

名古屋

京都

新大阪

新神戸

東京

10

20

50

90

90

90

新横浜

20

50

90

90

90

静岡

20

50

50

90

名古屋

20

20

50

京都

10

20

新大阪

10

貯めたポイントを利用することで普通車の値段でグリーン車を利用することができます。
必用なポイントは以下の通りです。

のぞみ:1000ポイント
ひかり:800ポイント
こだま:600ポイント

東京ー新大阪なら1回90ポイントなので、
6往復すればグリーン車に普通車料金で乗ることができます!

チケット価格

エクスプレス予約は繁忙期のお盆や正月も含め365日特別会員価格で購入可能です。

区間

のぞみ通常料金

EX予約会員価格

差額

東京・品川ー名古屋

11,090

10,110

980

東京・品川ー新大阪

14,450

13,370

1080

なんと東京ー大阪を片道利用すれば年会費のもとを取れてしまいます。

金券ショップより時期によっては安いですし、金券ショップのものだとお盆や正月、GWの時は使えないことも多いので、メリットは大きいですね。

スマートEXについて

会員登録

スマートEXは、自分が今持っているクレジットカードと交通系ICカードがあれば利用可能です。
年会費も無料のため手軽にすぐ利用することができます。

チケット予約

エクスプレス予約と変わりはありません。スマホやPCからアプリで簡単に予約することができます。

乗車方法

会員登録時に指定した、交通系ICカードのみで利用が可能です。
在来線の乗り換えも自前のICカード1枚でできるため、エクスプレス予約より簡単ですね。

ポイントサービス

スマートEXにはエクスプレス予約のようなポイントサービスはありません。

チケット価格

スマートEX利用時には通常時より200円の割引がきいています。

区間

のぞみ通常料金

スマートEX予約サービス

差額

東京・品川ー名古屋

11,090

10,890

200

東京・品川ー新大阪

14,450

14,250

200

年会費無料のため少しでも割引がきいているのはお得ですね。

共通サービス

早めの予約で利用できる早得サービス

エクスプレス予約、スマートEX共通で利用できるのが3日前や21日前までに予約をすることで利用できる早得サービスです。

○○早得と紹介されているものが予約可能です。
提供されている早得サービスは以下の通りです。

・EX早得
・EX早得21
・EXグリーン早得
・EXこだまグリーン早得
・EXのぞみファミリー早得
・EXこだまファミリー早得

私がよく利用していたのはEX早得21やEXこだまグリーン早得です。

EX早得21であれば、東京新大阪間を通常価格14,450円のところ
11,000円で利用可能です。割引額3,450円です。
21日前の予約で利用可能なので、早めに日程が決まっているときは是非利用したいですね。
EXこだまグリーン早得であれば、東京ー新大阪間を通常価格18,920円のところ
11,200円で利用可能です。割引額は驚異の7,720円です。
3日前の予約で利用可能なので、時間に余裕があるときは、こだまでゆっくりグリーン車でくつろぎながら移動できます。

結局どっちを使えばよいのか?

エクスプレス予約派

年に1回は新幹線を利用する
クレジットカードが増えることに抵抗がない
お盆や正月も利用する可能性がある

スマートEX派

これ以上クレジットカード増やしたくない
すぐに使いたい
早得を狙って使うので通常の割引を気にしない
年会費は絶対払いたくない
名前も似ていて、料金体系も複雑なサービスなので私も理解するのに苦労しました。
一度使うと券売機にわざわざ並ぶのもばからしくなるくらい楽になります。
いちいち金券ショップに行く手間も省けますので、ぜひ利用してみてください!