家計・節約

ポイントの2重取りで高還元!楽天ペイのメリット・デメリットまとめ

楽天カードユーザーの皆さんなら

ポイントをもっとお得に貯めたい!

と日々考えているのではないでしょうか?

今回は楽天ユーザー必見!

楽天ペイのメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

楽天ペイとは

楽天ペイとは楽天グループが提供している決済サービスです。

楽天市場や街中のショッピングをスマホ1つでスムーズに決済することができます。

楽天ペイの使い方

登録方法

  1. 楽天ペイアプリをダウンロードして起動。
  2. 楽天IDでログイン後、支払い元のクレジットカードを登録/選択。

事前準備はこれだけ!

すでに楽天カードと楽天IDを持っている人なら、

1,2分もあれば登録手続きできるでしょう!

支払い方法

支払い方法は以下3つです。

コード表示
QR読み取り
セルフ

店舗に設置されているコードを自分で読み取るか、自分のスマホに表示されたコードを店員さんに読み取って貰うだけで会計が完了します。

財布を出して小銭を探す手間も、店員さんが金額を確認して入力する手間も省き、スピーディに会計できます。

セルフの場合は、自分で金額を入力する必要があるので、金額相違のリスクがあり上級者向けです。

どこで使えるの?

コンビニから居酒屋チェーンまで幅広いお店に対応しています。

以下は一例です。

・ローソン

・モンテローザ系列の居酒屋(笑笑、白木屋、和民などなど)

・山内農場

・AOKI

・Right-on

・メガネスーパー

・PIZZA-LA

・アート引越センター

・自遊空間

現在も加盟店は拡大中なので、今後使える店はまだまだ増えていくでしょう!

楽天ペイのメリット

クレカポイントとの2重取りが可能

楽天ペイは利用額に応じて0.5%の楽天スーパーポイントが付与されます。

還元率は0.5%と高くないですが、クレジットカードと紐づけられているため、

自動的にクレジットカードの利用ポイントも享受することができます。

還元率1%の楽天カードを登録すれば、

楽天ペイ0.5%+楽天カード1%=1.5%

とポイントの2重取りが可能となります!

Kyashを使ったポイント3重取り!

ウォレットアプリKyashを利用することでポイントの3重取りも可能になります。

Kyashもキャッシュレスに対応したウォレットアプリで還元率2%を誇っています。

Kyashを中継することで

楽天カード1%+Kaysh2%+楽天ペイ0.5%=3.5%

とポイントの3重取りで3.5%の高還元率を実現することができます!

年会費無料のエポスカードでゴールドカードを目指す

エポスカードは利用しているとゴールドカードのインビテーションが届き

永年無料でゴールドカードを持つことができます。

還元率の低さがデメリットになるので楽天ペイに登録して

ゴールドカードを目指すのもアリだと思います!

エポスカードの詳細はこちらから!

*家計管理におすすめ*エポスゴールドカードのメリット♩ 私たちが家計の生活費カードにしているのがエポスゴールドカード♩ 年会費永年無料でもてるエポスゴールドカードは付帯サービスも充実し...

楽天ペイとクレカの合わせ技でザクザクポイントを貯めましょう。

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントも利用可能

通常ポイントだけでなく期間限定ポイントも利用することができます。

楽天の期間限定ポイントは期間も短く失効することも多いポイントです。

楽天ペイなら期間限定ポイントをファミマやローソンを消化可能です。

意外と便利などで覚えておくと良いでしょう。

スマホ1つでスマートに決済ができる

レジの前で財布を出して、小銭を探して、お釣りを出してという動作は一切必要なくなり、

スマホの画面をかざすだけで一瞬で会計できます。

更に現金を使わなくなるので、行列のATMに並ぶ時間や、ATMの利用手数料も節約することができるのです。

ATMに払う手数料と並ぶ時間ほど無駄なものはありません。

節約できた時間とお金で、人生を少し豊かにできますね。

利用手数料は¥0

楽天IDとクレジットカードさえあれば利用できます。

登録手数料、利用手数料、年会費等なく無料で使うことができます。

楽天ペイのデメリット

加盟店がまだまだ少ない

こちらは現在のコード決済市場全体に言えることです。

まだまだ日本においてはスタートアップの位置づけですので、

今後の動きに期待しましょう!

クレジットカードが必要

楽天ペイは銀行口座からのチャージや、コンビニチャージのサービスはありません。

利用にはクレジットカードが必要なので、学生さんなどには不向きとなります。

利用限度額が10万円

1取引当たりの限度額は10万円までとなっています。

高額の買物をする際は注意が必要です。

セルフペイで金額を間違うと大変

自分で金額を入力して支払うセルフペイを利用した場合、金額を入力し間違える可能性があります。

もし間違えてしまったら、お店の方に楽天ペイでの支払いを取り消して貰い、改めて正しい金額を入力し支払う必要があります。分からないときは「楽天ペイカスタマーデスク」に連絡して対応を確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

楽天ペイを利用することで、いつも使っているクレカを登録するだけで、

ポイントを多く貰うことができます。

会計もスマホ1つで完結することができてとっても便利です。

この機会にキャッシュレスの波に皆さんも乗ってみましょう!