家計・節約

LINEスマート投資の評判や特徴とは?スマホで簡単「テーマ投資」を始めよう!

LINE payを提供しているLINE Financial株式会社が新しい投資の形としてLINEスマート投資をローンチしました!
気になる特徴や登録方法をまとめてみました。

LINEスマート投資とは

2018年10月18日より開始したサービスで、簡単に言えばLINEからFOLIOが提供するテーマ投資にアクセスし利用する事ができるサービスです。

LINEスマート投資の特徴

特徴は公式より以下が4点が公表されています。
7,600万人が利用する「LINE」から簡単にサービスへ遷移できるアクセス性
LINEをアップデートすると、ウォレットメニューにボタンが表示されているのが確認でき、スムーズなアクセス性を実現しています。
個別銘柄の専門的知識がなくてもプロが厳選したテーマで投資ができる
こちらについてはFOLIOという会社が提供するテーマ投資と呼ばれる新しい運用手法を利用する事ができます。従来の投資信託のように中身が複雑で何に投資されているか分からないという問題を解消した投資手法と言えるでしょう。
資産づくりを直感的に行える、洗練されたUI(ユーザーインターフェース)
操作性も流石LINEともいえるUIで使いやすいですね。
負担の少ない手数料と1株から取引できる「単元未満株取引」の導入
細かいことは抜きにして、最低投資金額は10万円からみたいですね。



株式会社FOLIOとは

テーマ投資という新しい投資スタイルを提供する証券会社です。
設立は2015年12月10日と比較的新しい企業で、独立系オンライン証券としては約10年ぶりと満を持しての参入のようです。
「投資をバリアフリーに」というミッションを掲げ、資産運用をより身近に行えるサービスを開発しています。

テーマ投資とは

一つの企業に投資をするのではなく、これから流行りそうなトレンドや産業など話題のテーマ(VR、ドローン、コスプレ、AIなどなど)を選んで投資ができるというものです。
各テーマはフォリオが厳選した10社の有望企業で構成されます。高度な金融アルゴリズムを用いて、リバランスの提案を行いながらリスクを抑えた運用をしてくれます。

テーマ投資のメリット

テーマを選ぶだけで簡単投資
通常投資を始めるとなると、1つ1つの企業を1から調べる必要があり
労力と時間を要し、せっかくやる気になっても途中であきらめてしまうことも多いですよね。
しかしテーマ投資なら、

次にこのトレンドがきそう!

このサービスは流行りそう!

という漠然とした感覚でも、それに合ったテーマを選ぶだけで投資をすることができます。
そのテーマに沿った企業をプロが選定した10社に絞ってくれるので、自分で調べるよりも精度は高そうですね!
テーマ「キャッシュレス・ジャパン」の場合

今旬なテーマである「キャッシュレス」に投資した場合です。1年前から投資をしていれば、2.5%リターンを得られていたということですね!

現在のキャッシュレス・ジャパンの投資比率はこの10社となっています。最低投資金額は¥102,585ということがわかりますね!このようにテーマ内の企業も開示されているので、自分で気になるテーマを見てみると良いでしょう!

配当金もしっかりでる
テーマ内に配当を出している企業があれば、株数に応じた配当金もしっかりと出ます。
配当金は運用にとっては重要なインカム資産になるので貰えるならば投資信託などを買うよりいいですね。
条件を満たせば株主優待も貰える可能性も
株式投資の楽しみの1つとして、それぞれの企業からもらえる株主優待があります。
テーマ投資は単元未満株での投資が可能ですが、その企業の条件によっては、株主優待の対象となり、優待を受けることができます。
こちらも同じ分散投資の投資信託では受けられないメリットになりますね!
株主優待を実施している発行会社のほとんどが、1単元以上の株主を対象としています。中には、全株主を対象に株主優待を実施している発行会社もありますので、単元未満株主への株主優待の有無については発行会社へお問い合わせください。
引用:FOLIOHP
取引手数料が業界最低水準
手数料で必用になるのは、購入時にかかる取引手数料の0.5%と格安です。
口座の管理手数料もかからないので、気兼ねなく利用することができますね!

テーマ投資のデメリット

NISA口座の対応がない
NISA口座の対応がないため、非課税制度を利用することができません。
特定口座の取り扱いになるみたいですね。今後の対応に期待しましょう。
譲渡損失と配当金の損益通算は通常の株式投資と同じように可能のようです。
個別の売買はできない
当然といえば当然ですが、テーマ投資として取り扱っている以上、
1つの銘柄を売買することはできません。
投資経験が増えてきて、10社の中のこの銘柄だけ売りたいと思ってもできないのでご注意ください。

LINEスマート投資への口コミ

直近のTwitterから抜粋して評判をまとめてみました。

 と反応様々。
まだまだ始まったばかりのサービスなので期待まじりの反応もありますね。

LINEスマート投資の登録方法

流れとしてはLINEスマート投資のセットアップを行い、その後FOLIOで口座を開設するようです。
運用口座のため、マイナンバーの提供が必須みたいですね。
LINE経由なので不要かと思いきや、残念です。
まずはLINEスマート投資のセットアップをしてみましょう。

まずは、LINEを最新版にアップデートし、ウォレット画面のスマート投資をタップしましょう。

サイドバーの口座開設をタップして、開設を進めましょう。

メールアドレスを登録し、送られてきた認証コードを入力します。

各規約や同意事項に同意することで、口座開設の受付は完了です。

あとはマイナンバーと本人確認書類をアップロードすれば申し込み完了です!
後日、口座開設時に登録した住所に、ウェルカムレターが届きます。
転送不要なので住所を変更している人は気をつけて!
開封して開設完了手続きをしましょう。
その後は、マイページから口座へ入金をし残高が反映されれば取引開始です!
入金方法はリアルタイム入金や銀行振込、ATMなどを利用します。

まとめ

いかがでしたか?
これから投資を始めようという方にはメリットの多いサービスです。
皆さんも新しい投資の形を体験してみましょう!

LINEサービスまとめ

LINE Pay

LINEが提供しているキャッシュレス決済サービスです。LINEにアカウントがある方なら、誰でも利用することができます。スマホ一つで買い物、送金、割り勘をスマートに決済することができます。

利用実績により還元率が変動する「LINEポイントクラブ」により、最大3%の還元率を誇ります。

詳しいサービスや利用方法はこちらでまとめていますのでどうぞ!

LINEマイカード

他社サービスが展開しているポイントや会員証をLINEアプリ内で一括管理できるサービスです。一度登録すればポイントカードを持ち運ぶ必要がなく、財布の中身をスッキリさせることができます。ポイントカードを忘れた!なんてこともなくなりますね。

LINE家計簿

個人向けの家計簿サービスです。LINEによるユーザビリティもさることながら、他の家計簿アプリになかったような機能や、有料で提供されているものが無料で利用可能です。

毎月の収支をもとに、残金の計算や貯金のアドバイスをしてくれるなど様々な機能が用意されています。詳しくはこちらでまとめています。

LINE SHOPPING GO(ショッピングゴー)

LINEによる共通ポイントサービスです。提携店舗で提示することで「LINEポイント」を貯めることができます。LINE Pay以外の他の決済手段でも併用が可能なので比較的始めやすいです。ポイント好きな方は是非利用しましょう。

LINEモバイル

LINEが提供するMVNOです。SNS系アプリのデータカウントフリーは、SNSヘビーユーザーには人気が高いです。低速モードになったとしてもSNS(Twitter,LINE,Facebook,instagarm)はストレスなく使うことができます。使わなかったデータ量は翌月に繰り越すこともできるのでコスパは高いです。