結婚式準備

両親への結婚報告と挨拶方法♩失敗しないための準備と段取りまとめ♡

プロポーズを終え、2人で結婚の意思が固まったら、

いよいよ両親への結婚報告とお互いの両家への結婚挨拶です♩

今回は結婚報告・あいさつで失敗しないための準備と段取りを紹介していきます♡

報告の段取り

自分の両親に結婚の報告をする

最初はまず自分の親へ結婚の報告をしましょう♩

LINEやメールでの報告は避けたほうが無難です。直接会って報告するのが一番ですが、遠方でなかなか会えない場合には電話でも大丈夫です♩

なるべく早いタイミングで報告しましょう♡

このタイミングで相手に会ってもらえる日を聞けるとスムーズ

後々LINE等で調整してもよいですが、できればこのタイミングで候補日をいくつか聞いておければ、その後の流れがスムーズです♩

注意点

両親どちらかへの伝言は避けましょう。

例えば母親に結婚の報告をして、

お父さんにも言っといて

のように伝言を頼むのはやめましょう。

我が子から直接結婚の報告を聞けなかったほうはきっと寂しいですよ。

遅れてもよいので自分の口から伝えるようにしましょう♡

お互いの家への挨拶の訪問日を決める

自分の両親への報告が終わったら、両家への挨拶の訪問日を調整しましょう♩

あいさつの順番ですが、女性の家に先に挨拶に行くのが一般的です♡

お互いの親の都合を確認し、最終的に2人で決めましょう♩

訪問時間は、なるべく食事時は避けましょう。

午後2時ごろに訪問し、午後5時前にはお暇するのがベターです♡

服装や手土産の準備

両家への挨拶に行く前には、服装や手土産は準備しておきましょう♩

結婚前から仲良くしている場合でも、この日はしっかりとした服装で訪問するのが無難です。

手土産は何がおすすめ?

自分の出身の名産品や老舗の銘菓など、何か一言添えて渡せるものがおすすめです♡

会社の先輩など既婚の方が近くにいれば是非聞いてみましょう♩

予算は3,000円~5,000円の物が一般的ですよ♡

訪問日までに準備しておくこと

相手の紹介

訪問前にまず、相手の事を親に伝えておきましょう。

名前や年齢、職業などの基本的な情報や、2人の簡単な馴れ初め、相手の人柄など伝えてきましょう♡

お互いの親の事を知る

挨拶に行く前にお互いの親の事を共有しておきましょう♩

仕事や趣味、人柄等簡単などわかる範囲でよいので教えてもらいましょう♡

結婚式の予定

結婚式について2人の意見をまとめておきましょう♩

今は結婚式を行わなかったり、1.5次会のようにカジュアルに開催するカップルも増えています。

ですが、自分たちと両親で結婚式への意見が違う事は意外と多いです。

事前に2人で話し合って、親の意見も事前に聞いておけると良いでしょう♡

また、結婚式の時期もある程度決めておくと良いでしょう。

結婚式は2人だけでなく、両親も準備することが色々とあるので、このぐらいの時期を予定しているぐらいは言えるようにしておきましょう。

今後の予定

結婚式以外の2人のライフプランは2人で共有しておくと良いでしょう。

  • 子どもはどうしていくのか
  • 新居はどうするのか
  • 仕事は続けるのか

などなど全部を決めていなければならないという事ではないですが、2人にとっても今後の人生を考えるうえで良い機会になるので、事前に話し合って、親にも共有できるとベターですよ♡

結婚の報告で失敗しないために事前準備をしっかりと♩

今回は結婚の報告から両家への挨拶までの流れに沿って説明しました♩

2人の結婚をスムーズに受け入れてもらうために、事前準備やマナーをしっかりと整理してのぞみましょう♡