結婚式準備

両家への結婚挨拶♩当日の流れまとめ♡

いよいよ相手の両親への結婚挨拶当日♩

相手の両親に挨拶に行くことは緊張しますよね。

相手の実家についてからあたふたしないよう、事前に当日の流れを整理しておきましょう♩

今回は両家への結婚報告挨拶当日の流れを紹介していきます♡

相手の実家への結婚挨拶当日の流れ

訪問前

訪問前玄関のベルをならす前には以下の2点を確認しておきましょう♡

  • スマホはサイレントマナーにしておく
  • 冬の時期の場合コートは脱いで中表にたたみ腕にかける

そこまでしっかりとする必要はないと思いますが、約束の時間5分前には実家付近につき、ちょうどに玄関のベルをならせるとより良いでしょう♩

玄関先で簡単にあいさつ

まず簡単に玄関先であいさつをしましょう♩

相手に自分を紹介してもらってから名乗るのが一般的です♡

靴を脱いだら隅に揃えておきましょう。

部屋に通される

お部屋に通されたら、まずは手土産を渡し、勧められた場所に座りましょう♩

特に場所を指定されなかった場合、入り口一番近い下座に着席しましょう。

もし上座を勧められた場合は、無理に断らず、一言添えて着席すれば問題ありません♡

全員揃ったところで、改めて自己紹介し、世間話を交えてしばし歓談しましょう。

結婚の報告

歓談がひと段落したところで、男性から結婚の話を切り出します。

「本日はあらためてお時間いただきありがとうございます。今回はご両親に○○さんとの結婚の了承をいただきたく、参りました。○○さんとの結婚を認めていただけますでしょうか」とあらためて結婚の了承を確認しましょう♩

椅子に座ってる場合は立ち上がり、お座敷の場合は座布団を外して座りなおすのがマナーです。

承諾を得られたらしばらく歓談を

結婚の承諾を得られたら、お茶菓子を頂きながらしばらく談笑をしましょう♩

小さい頃の写真を見せてもらうとか幼少期の話しを聞くと、和やかになりますよ♡

タイミングをみて退出

盛り上がってもの長居はせず2~3時間でお暇しましょう♩

ご飯を誘われても一度は断りを入れるのがマナーです。

それでも誘われる場合にはお言葉に合わせて頂きましょう♡

玄関先

コートは手に持ち、玄関でお礼を述べて帰りましょう。

一度挨拶をして帰った後、10歩くらい歩いた後に振り返って軽く会釈をすると印象がよりよくなりますよ♡

両家の結婚挨拶は事前準備をしっかりと

結婚の挨拶は、大人のマナーや常識が身についているか見られる場でもあります。

必要以上に身構える必要はありませんが、常識的なマナーは頭に入れ、当日の流れをしっかりとシュミレーションして当日のぞみましょう♡