家計・節約

エポスでつみたてNISAを始めよう!tsumiki証券のメリット・デメリット比較

tsumiki証券とは

tsumiki証券とはエポスカードで有名な丸井グループが運営している証券会社です♩

投資信託の積立サービスを専業としており、日本で初めて投信積立をクレジット払いできるサービスを提供しています☺

エポスカード保有者が利用する事ができるので、まだエポスカードを持っていないという方はこちらからどうぞ!

年会費無料カードならエポスカードがおすすめの理由 数ある年会費無料のクレジットカードの中で多くの方に選ばれているのがエポスカードす♩ 学生から社会人。メインカードからサブカードど...

2018年9月からサービスをスタートしており、つみたてNISAとしては後発ですが、エポスカードによるクレジット払い対応という他にはないサービスで人気を集めています♡

口座の種類

口座はつみたてNISA口座か特定口座の2種類から選ぶ事ができます。

そのため、すでに他社でつみたてNISA口座を保有していても、特定口座であれば利用が可能です。

そもそもつみたてNISAの制度って何?

という方はまずはこちらからどうぞ!

*つみたてNISA*メリット・デメリット解説します うさ そろそろ資産運用を始めたい、けど、つみたてNISAってどうかな、、 ア つみたてNISAは初心者にはとってもいいと思...

tsumiki証券のメリット

エポスカードのクレジット払いで積立可能

毎月の積立をエポスカードのクレジット払いで行う事ができます。

そのため、金融機関に資金を移し替える必要もなく、残高を気にする必要がありません。

今日入金しなきゃ引き落とし日に間に合わない!

なんてことも無くなりますね。

現状、投信積立をクレジット払いでできるのは、tsumiki証券と楽天証券のみとなっており、非常に優位性があります♩

積立金額に応じてポイントが貯まる

tsumiki証券で1年間に積み立てた金額に応じて、エポスポイントが付与されます☺

積立開始から1年ごとに付与率は上がり、最大0.5%のポイントが貰えます♩

投信の購入で3%以上も手数料を取る金融機関もある中で、購入に応じてポイントを還元するなんて、圧倒的にお得です♡

ボーナスポイントの利用額に算入

tsumiki証券ではエポスゴールドカードでも積立が可能です!

エポスゴールドカードには利用額に応じたボーナスポイントサービスがあります。

この利用額にtsumiki証券積立利用分も反映されるのです!

つみたてNISA限度額の40万円分をエポスゴールドで積み立ることで、残り60万円をショッピング利用すれば、ボーナスポイント10000ポイント貰えちゃいます♩

ショッピング利用と違い、積立は投資信託という資産として残る訳ですから、資産を預金から投信に置き換えるだけで使い方によっては10000ポイント貰えてしまうんです。

そんなエポスゴールドカードの詳細はこちらを参考に↓

*家計管理におすすめ*エポスゴールドカードのメリット♩ 私たちが家計の生活費カードにしているのがエポスゴールドカード♩ 年会費永年無料でもてるエポスゴールドカードは付帯サービスも充実し...

銘柄は厳選された4銘柄

tsumiki証券で扱っている銘柄はなんと4銘柄!

これは非常に攻めてるなという印象です☺

現在日本で販売されている投信は約6000本であり、その中でつみたてNISA対象は152本です。

つみたてNISA対象の銘柄は、政府が6000本の銘柄から低コスト、長期積立に適している銘柄を厳選して絞られています。

しかし、これから運用を始める方にとっては、152本でも多すぎて何を選べば良いか、正直分かりません。

そこの悩みを解消するためtsumiki証券が自信のある4銘柄に絞り込んでくれています。

積立投資は長期戦であり、早く始めることに意味があるので、選ぶ手間を省けるのは非常にメリットですね♩

取り扱い銘柄は以下の通りです。

取り扱いの銘柄数をアピールしている金融機関もあるぐらいですから、逆に厳選するというのは思い切った施作ですね♡

tsumiki証券のデメリット

通常利用のエポスポイントは付与対象外

通常エポスカードはショッピング利用の場合0.5%のポイント還元があります。投信積立に利用する場合、通常利用のポイントは付与されません。代わりに上記で紹介した年間積立額に応じたポイント付与があるので、そこまでデメリットには感じませんが、残念ではありますね。

銘柄数が少ない

厳選されている事はメリットでもありますが、デメリットでもあります。 金融リテラシーが高く、自身で投資判断ができる方には向いていないでしょう。

まとめ

tsumiki証券は投資初心者でも気軽に始めることができ、これから運用を始めたい方にはぴったりのサービスです!資産運用は長期分散投資が基本となりますので、思い立った時に始めるのが吉です。エポスカード保有者専用のサービスになるので、まずはエポスカードを作成しましょう!