家計・節約

Apple cardの特徴・メリットまとめ、クレカ界をアップデートする存在となるか?

Apple(アップル)は3月26日、Apple card(アップルカード)の提供を2019年夏に開始すると発表しました。
以前からThe Goldman Sachsとの提携で噂を呼んでいたので、待っていた方にとっては、待望の発表だったのではないでしょうか。
今回はカンファレンスで発表された現時点で分かるスペックやメリットをまとめました。

さぁ、はじめよう!

Apple cardとは?

出典:Apple

Appleから提供されるクレジットカードという扱いになります。ゴールドマンサックスとMaster cardとの提携により開発されました。国際ブランドはMaster cardの使用になります。VISAブランドが出るかは今後の発表待ちとなります。

出典:Apple

基本的にはiPhoneのウォレットアプリ内での利用となります。連携しているApple製品であればシームレスでの利用が可能となります。

入手方法

iPhoneユーザーなら、サインアップするだけで利用可能です。Apple Pay経由ですぐに利用できるため、カードの到着を待たずによい設計になっているようです。

iPhoneユーザー以外やApple payが利用できない地域のために、リアルカードも提供されるようです。

それが驚きのチタン製のカード!!

出典:Apple

「titanium Apple Card」と名付けられており、カード額面にはカード番号やカードID、使用期限や著名欄が一切なく、スマートなデザインになっています。

Apple cardで得られるメリット

年会費等無料で利用可能

年会費や手数料は無料で使えます。チタン製のカードを無料で持てるのは、地味に嬉しいですね。

キャッシュバック2%と高還元

Apple cardにはDaily Cash(デイリーキャッシュ)というキャッシュバックプログラムが用意されています。Apple PayでApple card決済をすると2%のキャッシュバックがデイリーで付与されます。ポイントではない点が利用しやすいですね。

更にApple storeなどのApple直販での利用では3%のキャッシュバックが付与されるという太っ腹なプログラムとなっています。

チタン製のリアルカードでの決済でも1%のキャッシュバックが用意されています。

家計管理が視覚的に

従来のクレジットカードの明細は文字の羅列で分かりにくいと感じた事はあると思います。

Apple cardによる利用明細は、独自のAIを駆使し、分かりやすく名称に変換したり、利用店舗のロゴを表示するなど、視覚的で捉えられる設計となっています。

例えばセブンイレブンで決済した時には、

出典:Apple

このように表示され、どこで何に使ったか一目で確認する事ができます。

万全のセキュリティ

Apple cardで買い物をしても、購買データはAppleで保存されず、第三者に提供される事はないと発表されています。ビックデータを売り物にしているGoogleに真っ向から対局する構図となっています。
通常クレジットカードの裏面にある、セキュリティコードは利用の都度自動生成されるため、悪用される心配もありません。
個人情報やセキュリティについては、従来のクレジットカードよりも非常に高い水準となっています。

Apple cardの評判

Apple cardの評判をtwitterより集めました。

カードのデザインを評価する呟きが多いですね。チタン製のカードを無料で提供しているところは他に無いので、是非持っておきたいですね。

まとめ

Apple cardはクレジットカードの中でも2%キャッシュバックや高セキュリティを持つ最強カードの1つです。
今夏に出るのはあくまで

米国のみ

となります。
日本での提供はまだまだ先ですが、期待して気長に待ちましょう。